HOME >イベント情報

案内処はこんなところ

平成22年度

年末休館・年始特別開館のお知らせ

雑司が谷案内処は、12月24日(金曜)〜31日(金曜)を年末休館とさせていただきます。

新年は1日より「年始特別開館」として、通常より1時間早い午前10時より開館いたします。

この機会にどうぞお立ち寄りください。

 

■年末休館

平成22年12月24日(金曜)〜12月31日(金曜)

 

■年始特別開館

平成23年1月1日(土曜)〜1月12日(水曜)(6日(木曜)も開館いたします)
開館時間:午前10時〜午後4時
1月13日(木曜)は休館、14日(金曜)以降は通常開館(午前11時〜午後4時、木曜定休)


(平成22年12月2日更新)

お待ちしております。

11月13日(土曜) テレビ東京 [出没!アドマチック天国] 雑司が谷編 放映

雑司が谷案内処にもテレビ取材があり、雑司が谷全般が紹介されました!


テレビ東京 出没!アドマチック天国 雑司が谷編

放映日 11月13日(土曜) 午後9時〜

 ・アナログ放送12チャンネル ・デジタル放送7チャンネル

郷土玩具「元録かざぐるま」「角兵衛獅子」や「すすきみみずく」 が取り上げられました。


番組ホームページはこちら。 http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/

取材風景
取材風景 取材風景 取材風景

 

8月27日(金曜) FMラジオJ-WAVE [Circus Circus] に 『雑司が谷案内処』 登場

毎週金曜日午後4時半〜8時、秀島史香さんをナビゲーターに放送されている
FMラジオJ-WAVEの[Circus Circus]で、『雑司が谷案内処』が紹介されました。

今回の放送でピックアップしたテーマタウンは「池袋」。
雑司が谷案内処は、池袋のSMILEを増やしている新名所として取り上げられました。
池袋の街のなかでも、散策エリアとしてぴったりな雑司が谷。
訪れた方々へのご案内や、休憩所などに活用してもらえる場所として取材を受け、
8月27日(金曜)午後5時から10分ほど紹介されました。

この4月よりスタートした[Circus Circus]は、地元密着プログラム。
毎週ひとつのエリアをピックアップし、その街をより元気に、楽しくする情報や、
街スピリットを伝えながら、街が頑張っている活動も応援。
さまざまなコーナーを通して、地域活性化のお手伝いをしています。
ラジオという楽しいサーカスを、街から街へと巡回!

東京を、もっと楽しく、もっと元気にしたいという番組だそうです。

取材を受ける案内処スタッフ
案内処お土産を物色するJWAVEスタッフ
取材を受ける案内処スタッフ
お土産を物色されるJWAVEのみなさん
お土産を物色されるJWAVEのみなさん

番組ホームページはこちら。

http://www.j-wave.co.jp/original/circus/

番組ホームページ用の写真を撮影中
  番組ホームページ用の写真を撮影中

 

雑司が谷案内処、オープンしました!

歴史と文化に溢れた雑司が谷地域の魅力を内外へ向け広く発信していくための拠点として、7月31日(土曜)、「雑司が谷案内処(ぞうしがやあんないどころ)」がオープンしました。
雑司が谷鬼子母神参道に面した並木ハウスアネックスの一部を間借りした場所です。

午前10時からオープニングセレモニーが開催され、高野之夫豊島区長(としま未来文化財団理事長)をはじめ、雑司が谷のシンボルである法明寺の近江正典住職、市川よしい雑司が谷三丁目町会会長、齊木勝好観光協会会長、堀宏道区議会議長などが挨拶をされました。
その後、近江住職が書かれた案内処の「のれん」披露が行われました。

 

並木ハウスアネックスは、漫画家の手塚治虫氏がトキワ荘から移り住み3年間程創作活動を行なった「並木ハウス」の別館にあたります。当日は、手塚プロダクションの松谷孝征社長も出席されました。


案内処では、雑司が谷を訪れた人たちへのおすすめスポットのご案内、地域イベント、商店街情報の提供、郷土玩具の「すすきみみずく」などの展示、雑司が谷グッズの展示販売、また、2階に設けたギャラリーでは、雑司が谷ゆかりの作品等の展示を行なっていきます。現在は、郷土史家の矢島勝昭氏が描いた昭和期の雑司が谷の子どもらの様子の原画が展示されています。
また、手塚治虫氏が描いた並木ハウスでの創作風景のスケッチをパネル化したものを常設展示しています。

雑司が谷案内処の管理運営は、豊島区から委託された「としま未来文化財団」が担っています。

. .
鬼子母神参道入り口 参道と案内処前
「のれん」披露
手塚治虫氏「並木ハウスわが住まい」
※文中の「手塚治虫」の「塚」の字は旧字を用います。
同じく「鬼子母神」の「鬼」の字にはツノがつかず、
読み方は「きしもじん」です。
.
 
左から 高野区長、近江住職、松谷社長

Copyright 財団法人としま未来文化財団 all rights reserves.