ホーム > イベント・展示等 >雑誌『漫画少年』とトキワ荘

ページの先頭へ

「豊島区トキワ荘通りお休み処」イベント開催のおしらせ
雑誌『漫画少年』とトキワ荘

トキワ荘に漫画家たちが集まるきっかけを作った雑誌『漫画少年』

手塚治虫やのちに有名になった漫画家たちがなぜトキワ荘に集まったのか…。 そのきっかけを作ったのが雑誌『漫画少年』編集長である加藤謙一氏でした。 今回、御子息の加藤丈夫氏より当時の漫画家たちの様子や隠れたエピソードを聞くことが出来る貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。

概要

開催日時: 平成30年 3月11日(日)14:00~15:30
開催場所:

豊島区 区民ひろば富士見台(豊島区南長崎1-6-1)

定員:

50名

対象: 小学校3年生以上
応募方法: 往復ハガキ <郵便料金改定後 (124 円)の往復ハガキ でお申し込みください。
1.氏名(ふりがな)2.住所 3.電話番号 4.年齢 5.性別 6.複数人数の場合は代表者を含めた申込み人数を記載してください。
※応募者多数の場合は抽選となります
応募締切日: 平成30年2月28日(水)必着
応募先: 〒171-0052 東京都豊島区南長崎2-3-2
豊島区トキワ荘通りお休み処
講演会『雑誌 漫画少年とトキワ荘 』応募係
参加費: 無料
問合先: 「豊島区トキワ荘通りお休み処」(10:00~17:00・月曜定休)
03-6674-2518
講師: 加藤 丈夫(かとう たけお)氏
プロフィール
1938年 加藤 謙一氏の四男として東京に生まれる。
1961年 東京大学法学部を卒業後富士電機株式会社 入社
2013年 独立行政法人国立公文書館 館長に就任、現在に至る。
新聞や雑誌に多くの論文随筆を寄稿。著書に父の伝記「漫画少年物語」がある。

追加イベントのお知らせ

「雑誌『漫画少年』とトキワ荘」講演会参加者限定で、希望者のみ赤塚不二夫が使った「紫雲(しうん)荘(そう)」の仕事部屋が見学出来ます。
ご希望の方は、講演会お申込みのおハガキに ⑦「紫雲荘見学希望」とお書き添えください。
見学時間 12:20~13:30

 

主催: 公益財団法人としま未来文化財団「トキワ荘通りお休み処」・豊島区